逸品目録

古萬古斗々屋写茶碗

※画像はクリックすると拡大できます。
古萬古 とは伊勢国(三重県)に産する陶器元文年間桑名船馬町に居を構えた豪商沼波弄山の好事から同三重県の朝日町小向の別邸に窯を築いたのが起こりとされている。  
 弄山は 表千家六代 覚々斎宗左に 茶を学び 自ら楽焼の技法を模して作陶も 試みる一方、京都などから優秀な 陶工を招き 楽焼をはじめ、志野・南蛮・赤絵などの写しをも試みた。
後に宝暦年間江戸向島の別邸に築窯、地元より陶工を呼び陶土も運んで製陶にいそしんだ。
徳川将軍家への注文品の納入を礎に独自の作風がその名を知らしめることとなり、各地の陶芸にもその影響を及ぼした。
この時期が萬古焼にとっての源流であり、この時代のものを「古萬古」と呼んでいる