逸品目録

又妙斎 手造赤茶碗

※画像はクリックすると拡大できます。
世阿弥をはじめとする室町時代の芸の実践者たちは、精神活動としての芸術を目標とした。 その精神活動の中に「茶の湯」も 含まれ、実用や装飾を超えて、「精神」というものを表現できることに 気づいた。
とくに、自作道具は茶人の精神的美意識を具現化する方法の ひとつとして生まれた。
茶人による手捏ねの作陶のはじまりは、本阿弥光悦からで、楽 常慶道入に手ほどきを受け、自在で個性豊かな作品を残している。
千家においては、仙叟あたりから 長次郎の利休形を写したものが あらわれている。
見る人造る人において精神芸術の茶道にとって、手捏ねは、好みや心情、個性が表現されやすく、表面の美でなく、美醜を超えた内包された美意識を垣間見ることが出来る。
今回の十二代又妙斎の茶碗は、明治という激動の時代、あらゆる価値が大きく変わる中、優れた造形力と美意識をうかがわせる作品である。