逸品目録

天竜寺青磁 端反鉢

※画像はクリックすると拡大できます。
青磁とは青い釉の掛った高火度焼成の焼物で、雑木の灰を成分とし、そこに含まれる僅かな鉄分が還元して青色を呈するものである。

歴史は古く、中国 殷代より始まり 宗代においては 管窯・汝窯・耀州窯・龍泉窯と、技術・意匠ともに完成し、やがて近隣諸地域に流伝、現代に至っている。
天龍寺青磁は中国浙江省龍泉窯でつくられた青磁のわが国での俗称で、南宋時代から元代に龍泉窯でつくられたものの、うち、釉色が黄緑色の沈んだ調子のものをとくに天竜寺手と
呼んだ。
天龍寺の名のおこりは、これらの青磁が室町時代に 天龍寺船によって、将来されたからという説と、夢窓国師が請来して天龍寺に伝えた浮牡丹が高名だったためという説がある。

現在では、花入・水指・鉢など、茶人に愛玩されている。